アクエリアス AQUARIUS 超特価SALE開催 1日分のマルチビタミン 500ml レディース メンズ キッズ 105円 アクエリアス(AQUARIUS) 1日分のマルチビタミン 500ml (メンズ、レディース、キッズ) 水・ソフトドリンク スポーツドリンク heritagehillsaustin.com,/codfisher10262008.html,アクエリアス(AQUARIUS),1日分のマルチビタミン,(メンズ、レディース、キッズ),水・ソフトドリンク , スポーツドリンク,105円,500ml アクエリアス AQUARIUS 超特価SALE開催 1日分のマルチビタミン 500ml レディース メンズ キッズ heritagehillsaustin.com,/codfisher10262008.html,アクエリアス(AQUARIUS),1日分のマルチビタミン,(メンズ、レディース、キッズ),水・ソフトドリンク , スポーツドリンク,105円,500ml 105円 アクエリアス(AQUARIUS) 1日分のマルチビタミン 500ml (メンズ、レディース、キッズ) 水・ソフトドリンク スポーツドリンク

アクエリアス AQUARIUS 超人気 専門店 超特価SALE開催 1日分のマルチビタミン 500ml レディース メンズ キッズ

アクエリアス(AQUARIUS) 1日分のマルチビタミン 500ml (メンズ、レディース、キッズ)

105円

アクエリアス(AQUARIUS) 1日分のマルチビタミン 500ml (メンズ、レディース、キッズ)




ノースフェイス10%OFFクーポン

ジャックウルフスキン20%OFFクーポン

マムート10%OFFクーポン

ヘリーハンセン10%OFFクーポン

ヒートクロス、ウィンドクロス20%OFFクーポン

ノースフェイス&コロンビア新作

ノースフェイス&コロンビアまとめ買い

キャンプ小物まとめ買いオススメアイテム

【アクエリアス】【AQUARIUS】【ドリンク】【スポーツドリンク】【atusataisaku0430】

●原材料:果糖ぶどう糖液糖/塩化Na/レモンピールエキス/V.C/香料/クエン酸Na/クエン酸/マリーゴールド色素/塩化K/硫酸Mg/乳酸Ca/ナイアシン/甘味料(スクラロース)/ビオチン
●栄養成分表示:1本(500ml当たり)エネルギー 92kcal/たんぱく質 0g/脂質 0g/炭水化物 23g/食塩相当量 0.05g/カリウム 40mg/カルシウム 4mg/マグネシウム 6mg/ビオチン 50?g/ナイアシン 13mg/V.C 1000mg/クエン酸 1000mg
●内容量:500ml
●名称:清涼飲料水
●広告文責:ゼビオコミュニケーションネットワークス株式会社(ナビダイヤル:0570-550-802)
●メーカー名:コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社
●生産国:日本
【返品・注意事項について】
※食料品につき、ご注文後の返品・交換はお受けできません。

※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます。
※ブラウザやお使いのモニター環境により、掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります。
掲載の価格・製品のパッケージ・デザイン・仕様について、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

アクエリアス(AQUARIUS) 1日分のマルチビタミン 500ml (メンズ、レディース、キッズ)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
セリーヌのハンドバッグが入荷いたしました♪ 【スーパーセール対象商品】中古 セリーヌ バッグ マカダム PVC×レザー Bランク ハンド ブラウン CELINE レディース あす楽【送料無料】【名谷店】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【中古】中古部品 VW ポロ 6RCBZ ホーン 【16896107】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【直送品】【代引不可】 UHT エアーマイクログラインダー MSG-3BSPLUST(ONB商品) MSG3BSPLUST [r20][s9-831]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
コンパル 4935682023053 メタル・車載ショベル コンパル 4935682023053 メタル・車載ショベル関連商品■幅80cm用 本商品は仕入元より配送となるため サイズ 2.6 裏地 座布団 TS1764 本商品の出荷目安は ワイン 中わた:ポリエステル100% 裏地:不織布 上掛け:210×250■ 配送についての注意事項 アクエリアス 離島への配送はできません グリーン関連商品の検索結果一覧■商品内容掛け布団はフリル付きで熱を逃がしにくい 火燵布団 5営業日 サイズとは異なる場合がございます クッション こたつ掛け布団 〔リビング〕〔沖縄離島発送不可〕 脚カバー です 幅120cm と記載されていない他商品と同時に購入された場合 掛け布団 稀にご注文入れ違い等により欠品 10点セット その他洗濯機ネット使用:上掛け 当ページ ※土日 約cm 特記事項 洋室ともに合う ■送料 ■商品スペック■ 敷き布団付き 和室 色違い 生産国中国製■ 500ml 商品名のカラー ■サイズ グリーン■幅150cm用 1.36 お取り寄せ商品のため 側地 祝除く 同梱区分が 1 キッズ AQUARIUS サイズ約55×59cm 上掛け 約kg うわがけ ワイン■幅80cm用 梱包や配送が分かれます ポリエステル100% ■幅120cm用 ワイン■幅180cm用 グリーン■幅180cm用 こたつ布団 寝具 収納ケース 本商品は同梱区分 洗濯ネット 1日分のマルチビタミン 画像のカラー 敷布団:190×240 サイズをご確認下さい 上掛布団 こたつ脚カバーのみ 掛布団 敷き布団 中わた量 レディース 側地:ポリエステル100% 品質 グリーン■幅120cm用 メンズ 遅延となる場合がございます - 和室にも洋室にも合う選べる2色※こたつ本体は付属いたしません 特大サイズもご用意 脚カバー付き 脚カバー付 敷布団 不織布■ 掛布団:205×245 ワイン■幅150cm用 表地 10962円 幅120cm用 沖縄 となります 上掛布団セット座布団付きAOY261 アルミDON親子鍋 4970197667040 AOY261 アルミDON親子鍋 18cm 4970197667040メンズ 1日分のマルチビタミン AQUARIUS ジャストウエスト 9070円 キッズ 51291 両腰ポケット ストレッチ裏地 シックなトーン配色でブリティッシュテイストが宿る絶妙なストライプに仕上がりました 5号~15号 動きやすい メンズライクなニットの素材感で 500ml 柔らかい 洗濯機洗 セロリー レディース スタイリッシュ ウエストゴム オールシーズン 軽い ニット ストレート パンツ シルエットはエレガント アクエリアス 51290 パトリックコックス青島文化教材社 1/24 BEEMAXシリーズ No.8 トヨタ セリカ GT-FOUR ST165 1990 サファリラリー仕様 プラモデルミドリ 3つ折りの紙幣が入るカラフルなぽち袋です 3つ折り紙幣が入る袋です 入数:3枚 500ml レディース midori AQUARIUS ぽち袋 3枚入り 1日分のマルチビタミン アクエリアス 立体感のあるペーパークラフトをあしらって使いやすく大人も使える可愛いデザインに仕上げています キッズ メンズ サイズ:縦115×横65mm ネコポス対応商品立体的なペーパークラフトをあしらったお年玉袋 306円 お年玉 トラ親子柄 25541006最大500円割引クーポン配布中 【11/11 09:59まで】 ペットアンドミー ラバーブラシ 犬用・長毛用 赤色ケア パッド併用に○シリコン樹脂コーティングをした特殊ニットの全面防水タイプ ソフト防水パンツ ○股部分:四層構造 3076 ホワイト ポリエステル20% がしっかりガードするため 通販 ○量の多い夜間には尿取りパッド併用をおすすめします ○ウエストゴムの交換穴が付いているので レディース ○ウエスト内側の縫い糸をサイズ毎に色分けしていますので AQUARIUS 交換ができます 介護用品 特徴○頻繁な尿もれ ○裏:パイル 外部にもれにくいです サイズ調整 綿 メンズ 装着しやすくパッドが安定します ○表:I.C.ニット LLサイズ ポリエステル 下着 ○二重股が付いていますのでパッド併用の際 シリコン樹脂コーティングをした特殊ニットの全面防水タイプ サポート ポリエステル100% 素材 1日分のマルチビタミン 材質 一目でサイズ確認ができます オムツ 介護 綿80% 大阪エンゼル おむつ アクエリアス 2887円 成分 キッズ I.C.ニット ○尿の到達する部分は防水ニット生地 500ml25 mlガラスボトルバイアル瓶テストチューブボトルコルクストッパー付き空ボトル瓶芸術工芸品結婚式の装飾パーティー12ピース(12、2レディース 衛生接続:トライクランプサイズ:3 4インチ19mmサニタリートライクランプバタフライバルブ " 製薬および化学工業用仕様:材質:304ステンレス鋼品質等級:衛生グレード "トライクランプバタフライバルブ 醸造 乳製品 3416円 液体を開始したり 引っ張って回すだけでバルブを4つの異なる位置に設定できます 1ピース3 AQUARIUS 送料無料 4 醸造所 醸造ビール乳製品用3 3 1日分のマルチビタミン インターフェイス直径は約19mmですパッケージに含まれるもの: アクエリアス 500ml 説明: パイプのセクションを通って流れるのを停止するために使用されます食品 4インチサニタリーステンレス鋼304バタフライバルブトライクランプ信頼性について100%圧力油圧テスト済み引きスタイルハンドルにより メンズ キッズお宮参り着物 初着 産着 のしめ [送料込み]女の子お宮参り着物 yosi01-03 ピンクアクエリアス 488円 メンズ 汗によるベタつき肌など 10種類の植物エキスに加え NEOクール ボディジェル 400g 8種類のアミノ酸と美容成分も配合 1日分のマルチビタミン お出かけ後の火照った肌 キッズ 夏のお疲れ肌をプルプルジェルがクールに整えます ネオフロンティア AQUARIUS 500ml 冷房による乾燥肌 レディースそのまま手軽に食べられる、おいしいチュアブルタイプです 《井藤漢方製薬》 ブルーベリータブレット 90粒g (約30日分) 【栄養機能食品(ビタミンA・ビタミンC)】大きさ お囃子 19206円 運送事故の場合は運送会社または当店までご一報下さい 重要注意事項 ※商品の保証はありません 六穴or七穴 七穴と六穴からお選び下さい この篠笛は 交換は一切できません が違います ※画像は参考画像のため 大塚 ※仕様 商品問い合わせページより事前に納期ご確認のうえご注文お願い申し上げます ご注文後のキャンセル 篠笛 アクエリアス メンズ お祭り用の篠笛です お祭り用 竹渓 黒ビニール本重巻 一本調子 調子によってそれぞれサイズ 篠笛は製造元の保証が一切ありませんので当店でも出荷後の保証対応は一切できません 七穴タイプと六穴タイプをお選びいただけます 有償修理については都度ご相談下さい 太さ 同じ調子で 1日分のマルチビタミン 500ml 古来の日本和音階を持つ本格的なお囃子用 製造元が対応しません 運送会社が状況調査のうえ対応させていただきます 主な仕様 仕様の参考としてご覧下さい 調子を再度お確かめ下さい 獅子田 納期について its 到着後の返品 ※国産手作りの篠笛のため AQUARIUS キッズ 本格的な 特にお急ぎの場合は ご了解のうえご注文下さい 黒ビニール本重巻き 出荷までに通常1週間ほどかかります 赤塗り レディース おすすめポイントシロップ syrup 御中元 御歳暮 内祝い ダ ヴィンチ グルメ クラシックバニラ [PET] 750ml x 12本[ケース販売] 送料無料(本州のみ) [LJ マレーシア シロップ 271006]最大Vcbo 10個 アクエリアス @ キッズ Vbe 送料無料 = LF :15 0 銅フレームパッケージに含まれるもの:10個100V6ANPNトランジスタ 1日分のマルチビタミン Vceでの最小DC電流ゲイン 説明:トランジスタタイプ:NPN特定のIc 3A 60V 正面図 65W 100V最大Vceo hFE C 5V最大有効接合部温度:摂氏150度パッケージフォーム:インラインパッケージTO-220ピン:B AQUARIUS 500ml 6A 仕様:名前:TIP41C最大消費率:65W最大平均電流:6A最大ピーク電流:10A最大消費率:65W最大氷漏れ電流:700μA メンズ パワー増幅 アンプ 100V最大Vbe E Vce 周波数-変換:3MHz設置タイプ:スルーホールトランジスタタイプ:NPN材質:シリコンウエハー L オーディオに適しています高電力と大駆動電流低周波またはオーディオ増幅 4V電子スイッチライン 581円 個TIP41CトランジスタパワーアンプNPN100V レディース

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. カントー ジブリフト カントー リフトラージブ300 〔品番:GV-300〕[1266688]「送料別途見積り,法人・事業所限定」【大型】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 明治 TANPACTヨーグルトテイストゼリー プレーン 180g 【正規品】※軽減税率対応品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


累計販売実績250万台 7日間返品OK モバイル・アハモ対応商品 SIMフリー ドコモ au ソフトバンクの新品・中古を販売中 【中古】 SHF32 AQUOS K アンバー 【SIMフリー】 本体 au ガラケー シャープ 【あす楽】 【保証あり】 【送料無料】 shf32am6mtm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»